「ほっ」と。キャンペーン

PAUL@あざみ野

b0114403_23255565.jpg













b0114403_2327465.jpg
















   PAULは生地が美味しい。
   特にチョコのデニッシュは生地が甘くなくチョコも苦めであと味もいい。
   コーヒーは苦め濃いめでお気に入り。

   持ち帰り用シートが自由に取れるように置かれていること、
   スタッフの笑顔で居心地が良いお店のひとつです。
                                      
[PR]

# by miri-aloha | 2007-09-10 23:10

070909の夕食



b0114403_18202882.jpgb0114403_1815016.jpg







b0114403_19184111.jpgb0114403_18142819.jpg






●ハンバーグ&サニーレタス、キュウリ、プチトマト
●蓮根のきんぴら
●厚揚げの煮物

う~ん、彩りが寂しいかな~。
味は薄味で美味しかったと思うのだけど(と、自画自賛^^v)


それにしても、連日暑さがぶり返していますね。
日中はかなりグタグタしています。
食欲はすっかり秋モードに突入ですがw


3日前に始めた糠床は朝(ときどき昼)晩一日二回かき混ぜています。
変化は、少ししっとりしてきたかな、といったところ。
捨て野菜のキャベツも少ししんなりしてきました。
2,3日で取り替えて、と書いてある記事もあったけど
まだまだこのまま行けちゃいそうです(いーのか!?)
[PR]

# by miri-aloha | 2007-09-09 18:18

kids photograhers

b0114403_113199.jpg








「kids photograhers 子どもは天才!」@日比谷に出かけました。

盲学校の小中学生が撮られた写真展です。
*フォトはその写真集です。

この写真のことを始めて知ったのは7月末。
テレビから映し出される写真に
「どうしてこんなに素敵な写真が撮れるの?」
驚きと感動で目が釘付けになってしまいました。

絶対観に行こう!

8月初旬、最初の開催地である横浜に出かけました。
写真のパネルの横にはそれぞれコメントが添えられています。
生で観る写真と飾り気のないコメントを観た瞬間から
涙・・・涙・・・涙。
撮っている人の気持ちが伝わってきたり、
撮っている人と撮られている人とのつながりが感じられたり。
例えば、写真集の表紙になっている写真は弟がお昼寝をしている時に
撮ったものだそうだけど、もう弟が可愛くて可愛くてしょうがない、
っていう気持ちが伝わってくるんです。
すると、もうそれだけで泣が出てきちゃって。。。
自分でも不思議なのだけどー。

後日催されたこの写真展を企画されたカメラマンの方と
生徒さんたちとのトークショーにも参加させていただきました。

トークショーでは生徒さんたちのあまりの元気さに
驚くと同時に嬉しくなってしまいました。
ご家族の方や学校の方々など
素晴らしい方々がいらっしゃる環境で伸び伸びと過ごされている
様子が伝わってきました。
どういうタイミングで写真を撮る(シャッターをきる)か、との質問には
「『音』を頼りに写真を撮る」、とのことですが
きっとご本人たちも気づかない「音」以上のものを感じられているのでしょう。
そして、また写真を観ては涙。
この写真から受け取る何かと私の中のどこかと
何か触れ合うものがあるんだろうなぁ。

そして、今日。
そのカメラマンの方が「写真集の作り方」のトークショーがあると知り
出かけたのでした。
(本当言うと、今日は暑さがぶり返していて直前まで出かけるのを躊躇していたんですぅ)
トークショーでは写真集の範囲に留まらず、
いろいろな話が聞けてとても刺激を受けてきました。
そして、この子どもたちの話題ではまた泣いてしまった。
「お父さんとお母さんの顔が見たいから手術する」って。。。。


もう、どこまでも感動させてもらっちゃうぞー(泣笑)






どうしてこの写真に感動しているんだろう?

それはこの写真に「愛」があるから、かなテレ。
(ネットっていいわ~恥ずかしげもなく書けちゃうから~)



それにしても、気持ちが先行してしまって文がまとまらない。。。



子どもは天才!写真展  9/12(水)まで
http://fic.fujifilm.co.jp/photoent/
[PR]

# by miri-aloha | 2007-09-09 01:56

やっぱり皮はパリッとね。

b0114403_00195.jpgb0114403_00363.jpg








餃子を作りました。

今回のポイントは「具の水分を取る」。
ニラは刻んだ後ギューッ、
キャベツも刻んだ後お塩を振ってしばらくしてからギュッギューッ。
そして、
玉葱は刻んだ後炒めてみた!

玉葱を摩り下ろすときっと甘味が増して美味し~だろ~な~と思うのだけど、
それじゃ水分たっぷりのはず。
カレーを作る時に甘味が増すように玉葱を炒めるのだから同じようにやってはどうかな?
ってことでやってると・・・

大正解でしたーッ!

皮がパリッと焼き上がりました^^v
(炒めたせいかどうかはわからないけどね)


次回の課題は「具を少し寝かせてから包んでみよう」。
今回は水分が出ることをビビッて、具を作ったらすぐ包んで即焼いてしまったけれど、
具に調味料の味が今ひとつしみ込んでいなかったのです。
食べる時にラー油やお酢をつけることを想定して薄味を意識し過ぎちゃったのかなぁ。



おまけの幸せ。
皮(20枚)と具がピッタリ終わりました。
いやーいい感じでーす。
[PR]

# by miri-aloha | 2007-09-08 00:01

糠床はじめます。

b0114403_1852452.jpgb0114403_21345360.jpg










第一日目。
おしんこが大ッ好きなんです。
ある日帰宅すると、
今までの糠床(親の)が綺麗に洗われておりまして(なぜ?)。
以前から一から糠床を作ってみたいなぁと思っていたので、いきなりチャンス到来です。
しかし、根っからのぶきっちょ。
今後のために、ブログをメモ代わりに使うことにしました。
美味しいおしんこが毎日食べられる幸せはもうすぐ!?

材料・・煎り糠1キロ、塩水1L、乾燥こんぶ適当、唐辛子3本、捨て野菜キャベツ1/4
メモ・・水1Lに塩150gを入れて火にかけて溶かします。
    ホーローには糠、乾燥こんぶ、唐辛子を入れ、
    そこに冷めた塩水を入れては混ぜ、を数回に分けて行います。
    その際、糠は底からかき回しダマを作らないように。
    ホーローの底にキャベツを入れて一日目は終わりました。
[PR]

# by miri-aloha | 2007-09-06 19:08